釜焚き法(鹸化法)とは?

釜焚き法とは、一般的に油脂(ヤシ油やパーム核油などの植物由来の油脂や、牛脂などの動物由来の油脂)をアルカリ剤と水で加水分解させて、脂肪酸とグリセリンに分解します。生成された脂肪酸とアルカリ剤が反応して石けんが出来上がります。

この段階では、石けんに、グリセリン・未反応の脂肪酸・アルカリ剤・水が混じり合った状態です。そのため、固形のナトリウム石けんを作る場合は、塩析と呼ばれる工程で石けんとその他の成分に分離させます。そうして石けんの純分を上げてから、最終の形に加工します。

液体のカリウム石けんの場合は、塩析の操作を行わずそのまま最終の仕上げとなります。未反応の脂肪酸が多いと石けんが濁ってしまい、アルカリ剤が多いと皮膚への刺激が強くなってしまうため、それらを防ぐ職人のノウハウが必要になります。

中和法とは?

釜焚き法が天然油脂を加水分解し、アルカリ剤と反応させて石けんを製造するのに対し、中和法はあらかじめ加水分解させた脂肪酸をタンクでアルカリ剤と反応させて石けんを完成させます。

加水分解する必要が無いので反応時間が短縮され、製造時間が短くなります。また、脂肪酸とアルカリ剤の配合量を計算で設定できるため、最適な値に設定すると未反応の脂肪酸とアルカリ剤を最少に抑えることができます。脂肪酸の組み合わせを自由に選ぶことができるので、使用方法や汚れに応じて最適な石けんを製造できるというメリットもあります。

その反面、グリセリンを生成しないので、グリセリンの保湿効果が求められる場合には後から配合する必要があります。

SOMALIにはどちらの石けんを使用しているのか?

SOMALIシリーズ(衣類のリンス剤を除く)には釜焚き法で製造した液体のカリウム石けんと中和法で製造した液体のカリウム石けんの両方を使用しています。

最初は天然油脂から製造した石けんだけで開発を進めていたのですが、使用感(泡立ちなど)や特定の汚れに対しての洗浄力に満足できませんでした。弱点を補うため、そして更に石けんの可能性を高めるために、釜焚き法で製造した石けんと中和法で製造した石けんを混ぜ合わせることにし、はじめて満足のいく商品が仕上がりました。