SOMALIの使用量が他の洗剤に比べて多いのは?

昨今の洗剤は、濃縮・コンパクトタイプが1つの売りになっていて、少量でも強力な洗浄力をアピールしているものが多いです。こういった洗剤類に比べてSOMALIの使用量が多いのは、洗浄成分に合成界面活性剤ではなく、石けんを用いているからです。

石けんには、ある一定の濃度にならないと洗浄力を発揮しないという特性があります。濃度が薄くなりすぎると、界面活性作用が失われてしまうのです。

一般の洗剤やボディソープなどに使われる合成界面活性剤は、水で薄まっても界面活性作用がなくならないため、濃度を高くすることで少量でも洗浄力を確保できます。ところが一方で、簡単に界面活性作用が損なわれないということは、環境への負荷が大きい、肌に触れた場合に洗い流しても界面活性作用が残りやすいということでもあります。こうした特性は、合成界面活性剤のメリットであると同時にデメリットでもあるのです。

使用量を調整できるメリット

石けんの「界面活性作用が簡単に損なわれてしまう」という性質には、実は、良いところもあります。

たとえば、石けんでからだを洗って水で流せば、界面活性作用はなくなります。しかし、合成界面活性剤などは水で流しても、皮膚に残ると界面活性作用が働き続けます。肌荒れなどで病院に行くと、ほとんどの先生は石けんを使うことを勧めます。それは、このような石けんの特性が肌に優しく、良い意味で「無難」だからです。

また、汚れの量に応じて、使用量を柔軟に変えられるということも特徴の1つです。汚れがひどい時は量を増やし、軽い汚れなら少量にするなど、量を変えることで洗浄力を調整できるのも石けんならではの特徴と言えます。