About

本当にいいを
知ることから
始まるくらし

SOMALI =
そざいのかたまり

植物オイル100%の純石けん天然ミネラル植物由来の成分

これがSOMALIの全てです。

必要最小限の素材のみを使用し、
必要ないものは入れない。
使う素材は、
小さなお子さんにも安心して使え、
環境への負荷も少ないものばかりです。

化学物質を加えれば、
効率よく性能を上げることができます。
でも私たちは、”本当にいい”と言えるものを
作るためにシンプルを突き詰めます。


5つの不使用

SOMALIは一般的な洗剤や
ボディ洗浄料に使われている
以下の5つの成分を排除し、
天然素材にこだわりました。
香りには、天然精油を使用しています。
また、アレルギー症状を引き起こす
可能性がある旧表示指定成分は
一切使用しておりません。

石油由来界面活性剤 不使用
100%植物オイルから作られた純石けんをベースにしているので、手肌はもちろん、環境にも優しいです。
合成香料 不使用
天然精油のほのかで優しい香り。合成香料の強い匂いが苦手な方にもおすすめです。
合成着色料 不使用
天然素材で作られているため、同じ商品でも季節によってほんの少し色が違います。合成着色料で色をそろえることをしない、SOMALIの個性です。
石油由来防腐剤 不使用
手肌や環境の事を考え、天然精油や天然ミネラル、植物由来原料などを用いて菌の繁殖を防いでいます。
旧表示指定成分 不使用
体質によってアレルギー等の皮膚トラブルを起こす可能性があるため、表示が義務付けられていた成分のこと。SOMALIでは一切使用していません。
※一般的には、旧表示指定成分を使用していないものが「無添加化粧品」と呼ばれることが多いです。
5つの不使用 ルール変更について
 

ボディケアシリーズの追加に際して、SOMALIの「5つの不使用」を変更しました。ブランドのポリシーの変更はできる限り避けたかったのですが、この5つのルールは、SOMALIの安全性やこだわりを明確にするためのものであり、単に聞こえの良い言葉を並べるだけでは意味がありません。正しく厳密な解釈のもと、利用する方にとっての安心や信頼に繋がるものでなければならないと考え、見直しをさせて頂きました。

合成界面活性剤不使用 → 石油由来界面活性剤不使用

SOMALIでは全製品において、洗浄主成分に合成界面活性剤を使わず、石けんを主洗浄成分としています。しかし、手肌に触れるボディケアシリーズでは、ビタミンEを液に溶かすため、また、保湿剤として、合成界面活性剤を使用しています。使用する合成界面活性剤はすべて植物由来のもので、アレルギーの誘発可能性があるものや刺激性の強いものは一切用いていません。

防腐剤不使用 → 石油由来防腐剤不使用

SOMALIのハウスケアシリーズでは、洗浄や除菌のために配合するエタノールやオレンジ精油が防腐の役割を果たしてくれています。しかし、ボディケアシリーズでは手肌への刺激を考え、オレンジ精油は不使用、エタノールもごく少量含まれているだけです。

ところが「防腐」の働きをするものがないと、石けんや天然成分に菌が繁殖し液が腐ってしまうので、かえって危険です。そこでボディケアシリーズでは酸化銀を防腐剤として配合しています。一括りに防腐剤といっても全ての成分が体に悪いわけではありません。銀は、人体には害がない天然ミネラルです。

※石油由来防腐剤の例としては、化粧品によく用いられる「パラベン」があげられます。近年は「パラベンフリー」を謳う商品が増えましたが、その多くは「フェノキシエタノール」という別の石油由来防腐剤を多量に含んでおり、肌への刺激は同じくらい強いというのが現状です。

石油由来成分不使用 を削除

SOMALIに配合している成分の中には、複雑な構造をしたものがあります。例えば、業界の慣習では「植物由来原料」に区分されており、構造の骨格は植物由来だけれど、原料の一部に石油由来の成分を含む「ヒドロキシプロピルグアーガム」という成分(大まかに言うと、「ヒドロキシプロピル」は石油由来、「グアーガム」は植物由来となります)。市場では植物由来原料として定義されているものですが、私たちは素材にこだわるというポリシーから、「石油由来成分不使用」と掲げるのをやめることに決めました。

旧表示指定成分不使用 を追加

旧表示指定成分とは、化粧品の全成分表示が義務づけられる前に定められた、体質によってアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある102種類の成分です。ところが現在でも、市販の化粧品や洗剤、クリーナーにはかなりの確率で旧表示指定成分が含まれています。例えば、多くのシャンプーやボディソープに配合されている「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」もその一種です。

旧表示指定成分を使うと、安価で簡単に化粧品や洗剤を作ることができます。しかし、SOMALIでは、手肌に刺激が強いものや、アレルギー誘発の可能性がある成分を使わない、というポリシーのもと、これら旧表示指定成分は使いません。


肌にやさしい石けん

石けんの、合成界面活性剤との大きな違いは、
“水によって作用が弱まること”。
肌にやさしいのは、そのおかげです。

肌への影響の大きい合成界面活性剤を使っていても、
保湿成分を加えれば、肌にやさしい洗剤になるのでしょうか。

私たちは、水できれいにすすぎ落とすことができる石けんを使うことが一番の肌への優しさだと考えます。

化学物質に頼らずに洗浄力や泡立ちを実現するため、
大正13年の創業以来受け継いできた釜焚き製法で、職人が舌で確かめながら石けんのちからを最大限引き出します。


本当にいいを、
知ることから始まるくらし

本当にいいってなんだろう。
選ぶためには、まず知ること。
そこから、気もちのいいくらしが始まります。

ロゴにこめた思い

左側に傾けた「I」に人に寄りそう、生活に寄りそうという意味をこめ、製品と同じく、必要ないものは入れないシンプルなデザインにしました。

デザインにこめた思い

どんな環境に置いていただいてもインテリアに自然と溶け込んでくれるシンプルなデザインは、くらしの空間もきれいに保ちます。

天然の色を楽しむ

植物から抽出した精油を可能な限り天然のまま使っているので、季節や産地による素材の変化が製品の色にそのまま表れます。その個性を楽しんでいただければと思います。